探偵学校とはどんなところで、どんなことを学ぶことができるのか?探偵学校情報を紹介しています。

探偵学校の知識

探偵学校を語る

探偵になるには、資格も試験もありません。「今日から探偵。」と言ってしまえば、確かに探偵かもしれません。
しかしそれはあくまで自称。探偵にとって必要な知識や技術を身につけてこそ、本物の探偵と言えます。
そんな知識や技術を教えてくれる学校。それが探偵学校なのです。

 

探偵学校の知識。探偵学校を選ぶ時に、必要な基礎知識を解説します。

 

探偵学校とは、探偵の知識を効率的に学ぶ学校ですが、専門学校などと同等の教育機関ではありません。ですから、何か国家資格を取れるなどの付加価値はなく、探偵になるために必要な知識を効率的に学べるところもしくは、習い事の一つとして考えることが重要です。探偵学校に入校する目的のほとんどは「探偵になりたい」「探偵の知識を身につけたい」というもの。他者の持っていないスキルとしては、価値のあるものなのかもしれません。
ひとくくりに探偵学校といっても、その形式は運営会社によって様々な方向性があります。
例えば、自社への入社を希望する人材の育成のために探偵学校を設立しており、探偵学校を出たものを採用するところや、純粋に探偵のスキルを学べ、学ぶ人がスキルアップコースや独立開業コースなど、自身の目標に合わせてコースを選ぶことができる設定をしているところ、また単純に探偵の調査に必要な情報や実地を学ぶだけのところなどが存在します。
また学ぶためには、学校へ定期的に通う事が必要なところや、メインの勉強は通信教育で、実地の必要なところはスクーリングでと、生活スタイルを崩さずに学べる方法を取っているところもあります。

 

もしあなたが、探偵学校に通学しようと考えているのであれば、まずは探偵学校ごとの個性と自身のライフスタイルを考えてから、じっくり選定することがよさそうです。

探偵に向き不向きはあるのか

探偵に成りたいと考えたとき、他の職業のように探偵にも適正といったものが必要なのか気になると思います。
基本的に探偵は誰でも成ることは出来ます。そこには適正という考えはほとんど無いと言っていいでしょう。
ただ適正はありませんが、探偵として調査を続けることが出来るのかといったことで、向いている人、向いていない人いうのはあります。

 

それが、慎重で恐がりな人ほど、探偵として調査を続けることが出来るようです。
探偵とは基本的に表に出るような仕事とは言えず、調査をかげながら行うことから、目立つ行動などは控えるようにします。そのため、慎重な性格をしており、なおかつ恐がりであることが、調査を良い方向へもっていくことが出来るのです。

 

全てにおいてこの条件が適用されるかといえば疑問点もあります。しかし、1つの適正の目安としては判断基準になるのではないでしょうか。


ホーム サイトマップ